【株初心者】株で儲けた時にかかる税金について|1分でわかる

 

【株初心者】税金について

JUN’S カブログへようこそ。

 

今日は株初心者にはあまり馴染みのない『税金』について解説します。

 

株式投資では利益が出たら確定申告をして、国に『税金』を納めなくてはいけません。

利益に対して以下の税金がかかります。

税率

20.315

内訳) 所得税:15.315% 住民税5

 

株式投資で得た利益とは

・売却益

・配当金

この2つです。

 

では、それぞれを見ていきましょう。

売却益

 

株は保有しているだけでは税金はかかりません。

 

売却をして儲かった時に課税されます。

 

例えば、Aという株を10万円で購入し、12万円で売却すると2万円の儲けになります。

この2万円に対して税金がかかります。

税金の計算:2万円×20.315%=4,063円

 

よって、株を売却して2万円の利益が出た場合には、この4,063円を引いた残りの15,937円が実際に手元に残る利益です。

 

配当金

 

株を保有することで貰える配当金にも税金がかかります。

 

配当金もそのままもらえるというわけではないんです。

 

例えば、Bという会社から配当金が3,000円貰えた場合は以下の税金がかかります。

税金の計算:3,000円×20.315%=609円(小数点切り捨て

 

手元に残る配当金は3,000円から609円引いた残りの2,391円となります。

 

以上のように株式投資で得た利益には『税金』がかかりますが、税金を取られない方法があります。

NISA口座です。

※ここではNISA口座の詳しい説明は割愛します。

NISA口座で運用すれば税金がかかりません(非課税になります)。

売却益や配当金の額が大きくなればなるほど、税金がもったいないので、上手にNISA口座を使いたいものですね。

JUN

 

まとめ

・株式投資で得た利益には『税金』がかかる

・税率:20.315%

・NISA口座で非課税に

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です